税のプロフェッショナル税理士|代わってやる税

仕事内容を知る

税理士になるためには、国家試験に合格する必要があります。かつては一定の企業の顧問税理士となり、記帳業務を請け負ったり税務申告書類の作成をしていけば食べるに困らない収入を得られる資格であるといわれていました。しかし、近年では税理士人口の増加による顧問料や各種手数料の価格競争が始まっていることに加え、会計ソフトの普及やインターネットを活用して自分自身で確定申告書類を作成する人も増えてきていることもあり、かつてより依頼件数が減ってきている現状があります。

そうした状況の中、熱意のある税理士は、業務を通じて様々な業界の企業とかかわることができるというメリットを生かして、コンサルティング業務に力を入れている者も増えてきているといわれています。また、企業や創業に関する各種手続きの代行やアドバイスを行う業務に力を入れている税理士事務所も増えてきています。黙っていても資格があれば仕事が取れる状況ではなくなっていますが、創意工夫によって以前より仕事を増やしている税理士も少なくないといわれています。税理士への依頼にあたっては、現在ではインターネット上で見積もりを取ることも可能となっており、複数の税理士事務所のサービス価格などを比較したうえで、どこに依頼をするか決めることもできます。