税のプロフェッショナル税理士|代わってやる税

経営を課税対応

最近では、飲食店の経営を行っていることが多くあります。その中には、小規模の飲食店や家族で経営をしていることが多くあります。独立した商人に対しては、その売り上げに対して税金の納入が義務付けられます。 一方で、店舗経営などにおいては、細かい収入や支出が多く、売り上げも安定しているとはいえません。そこで、申告などの際には、税理士などに管理や申告書の作成を依頼するのが有効となるのです。 税理士の依頼料については、小規模経営の飲食店などで、書類の作成についてみれば、2、3万円程度で済みます。手間を考えれば妥当な金額だと言う事が出来ます。

もちろん、税理士の仕事は、書類の作成だけに限定されるものではありません。その飲食店が、法人形態をとっているのかによっても変わってきますが、法人については、家族などの個人的な経済とは切り離して処理されます。 この点、家族経営の際には、両者を一括して処理してもらうことが便利です。必要経費や家族の雇用扱いなどを工夫することで、課税に関して有利な条件を実現することが期待できるからです。 また、このように一括して依頼することで、付随的な作業については、サービスとして処理してもらうことも考えられます。 この点は、個別の税理士によって取り扱いが異なりますが、税務処理上の還付などの利益と、依頼料を検討して依頼内容を検討すればよいのです。